fbpx

こんにちは!ウェルネスコーチ、田辺圭緯子です。

体質がわかれば、自分の「痩せやすいお食事リズム」が見えてくる、ということをお伝えしました。

大事なのは自分の体質を知ること

 

そこで今回は、体型でわかる
簡単な体質診断をご紹介しますね。

あなたの体型と合わせて、
お食事リズムの参考になればと思います。

体質は細かく分類すると多岐に渡りますが、
まずは今回は大きく2つのパターンを
覚えてくださいね♪

 

《りんご型》
お腹周りに脂肪がつくまんまるタイプ

 

《洋ナシ型》
下腹部から下半身に脂肪がつくタイプ

 

ひとつずつ説明していきますね!

《りんご型》お腹周りに脂肪がつくまんまるタイプは、

内臓脂肪型
特に男性に多いタイプです。

このタイプは、脚が細くお腹がせり上がっているのが特徴です。

女性でも、脚は細いのにお腹が目立つ方がいらっしゃいます。

このケースは筋力低下が原因なので、
食生活ではたんぱく質が不足しているケースが多く見られます。

昔細かったけど、加齢とともにお腹周りにお肉がついてしまうのは、
もともと食が細かったり、筋肉が付きづらい方が多いようです。

こちらの方には、食事を減らすことよりも
良質なたんぱく質をプラスしていくことをアドバイスします。

 

続いて《洋ナシ型》下腹部から下半身に脂肪がつくタイプ

皮下脂肪型
特に女性に多いタイプです。

お食事を控えようとして意識はするけど
必要な栄養素が不足しがちなのがこのタイプです。

カラダが冷えやすい人は、
下半身に脂肪がつきやすくなります。

このケースは小麦粉製品の摂取が過剰なことが多いです。

パン食は水分を不足させますので、
余計にむくみが出やすくなり、
さらに冷えにつながりやすくなります。

女性の方に多いのが、
朝パン、お昼に麺のパターンです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《おまけ・合体型》

もともと下半身につきやすい女性は
年齢が上になって筋肉が低下することで、

上記のりんご型と洋ナシ型(内臓脂肪と皮下脂肪)が
合体した体型になることがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このように、大きく2つのタイプに分けただけでも
食生活による体質の違いがあるんです。

ここで大事なのは、自己判断をしないこと。

一言に体質といっても、例えば、

  • たんぱく質が根本的に足りてない方
  • たんぱく質を取っているけど、吸収が悪い方

など、原因は様々なんです。

 

私のいとこの体験ですが

子供の頃、彼女は痩せていて

運動も万能で、太るということには無縁と思われる子でした。

 

しかし子供を3人産んだのですが、

子供を産むたびに増えた体重・・・

その度にダイエットを繰り返して、減量→リバウンドの繰り返し

そうこうしているうちに、介護で実家に通うことに・・・

そしてそのストレスからくる過食で、さらなる体重が増えてしまったそうです。

その時の過食の素は、パン!

もともとパンが好きなんだそう。

そして手軽に食べれることも、食べ過ぎの原因だったんだと思います。

 

2017年には健康診断の血糖値で引っ掛かったとか。

それで、病院通いと、薬を飲むことに・・・

 

その時は肝機能数値も基準値を超えており

血糖値、HbA1cともに正常値を超えていました。

いとこと言っても住んでるところも遠いし、

大人になるとなかなか忙しく会うこともないです。

私が彼女にあったのはそんな状態になった後の彼女でした。

その時は和室だったのですが、椅子に腰かけていたのです。

それを見た時、足か膝が痛くて座れないんだと直ぐわかりました。

私がウェルネスコーチをしているからと言って、普段太っている人を見かけても、本人が言ってこない限り私からは切り出すことはありません。

しかし彼女のその姿を見た時は、痛みがあるのがわかりました。

そのまま黙っておくことができなかったです。

何故なら私はウェルネスコーチをしていて、彼女の助けになれることがわかっていたからです。

そして彼女はダイエットに取り組みました。

足が痛いので運動は後回し。

先ずは食生活からの改善としてシェークを飲み始めました。

少しずつ結果も出てきて、飲んでた血糖値の薬ですが

3種類7錠だった薬も→4錠に減り→飲まなくても良くなりました。

それと一緒に病院通いもしなくて良くなりました。

そしてダイエットを始めて、身体も動かしながら取り組んだことによって

格段に検査の結果もよくなりました。

 

健康数値としては

・肝機能も正常値内に入り

・血糖値 137→94に

・HbA1c 7.7→6.0に(こちらはあと少しで正常値内に)

今は薬を飲まずして、ここまで下げることができました。

 

そして私がダイエットを勧めたきっかけだった膝はと言うと

床に座るのも大変だったのが

今では床に座るのも

正座をすることも

できるようになりました♪

もともと膝や足首がゆるく悪くなりやすいんだとか。

なので整形外科では、正座は禁止と言われたのでやらないけど

正座しても今は痛くないそうです。

 

結果

3か月

体重 -10.15kg

体脂肪 -6.8%

内臓脂肪 -4

 

現在

体重 -17.5kg

体脂肪 -11.4%

内臓脂肪 -6

ウエスト -16.5cm

自分に合った栄養補給、正しい食事、栄養バランス、カロリーなど

生活習慣、食習慣を身に付けることで

健康的にダイエットができます。

 

ダイエットとは、ただ体重を落とすことではありません。

カラダ全部が健康的に生まれ変わり、
本来あるべき姿に戻っていくことなんです。

それは一時的な我慢で無理して痩せることではなくて、
カラダの仕組みに合わせて無理なく作っていくことです。

自分に合った栄養補給のリズムさえわかれば、
カラダはどんどん、太らない体質に変わっていくんですよ。

 

それでは明日は、お食事リズムを改善したあと
どのようにカラダに変化が起こっていくのかを
1ヶ月目〜解説していきますね。

頑張ってダイエットしたのに、
しばらくすると元に戻ってしまう、の繰り返し…

そんな方に、必見の内容です!

それでは明日の配信もお楽しみに。

ウェルネスコーチ
田辺圭緯子

PAGE TOP